江田 けんじ(えだ けんじ)議員

 
政党 結いの党
選挙区/肩書 衆議院議員・神奈川県8区
コメント
公式webサイト 江田 けんじ(えだ けんじ)議員公式webサイト
経歴 昭和 31 年 4 月 岡山県に生まれる。(4月28日)

昭和 38 年 4 月 備前市立片上小学校入学。その後、岡山市立富山小学校へ転校。
田舎で塾とも無縁な生活でのんびりと育つ。スポーツ少年団に入り、暇さえあれば田んぼで野球やサッカー。風邪一つひかない身体はこの頃の鍛錬のたまもの。

昭和 44 年 4 月 岡山大学附属中学校入学。
昭和 47 年 4 月 岡山県立岡山操山高等学校入学。
昭和 50 年 4 月 東京大学入学(文科一類)。
日本の大学生にありがちな、入ってしまえばこっちのもの。田舎から花の東京に出てきた高揚感も手伝って、合コン、合ハイ(合同ハイキングの略。今は死語)、麻雀などに明け暮れる。「我が青春に悔いあり」。もっと、英語の勉強とか、一つでもいいから本気で打ち込んだものがあったら。後悔先に立たず。
昭和 54 年 3 月 東京大学法学部私法学科卒業。

4 月 通商産業省(現経済産業省)入省。
反骨精神旺盛ながらも、大臣官房総務課(省全体の法律案作成や行政改革の実務責任者)、生活産業局(当時過当競争下にあったセメント産業の再編)、資源エネルギー庁(原子力発電所の安全対策)などを経験。
20 代の頃は月 200 時間の残業はザラ。でも残業手当は 2 万円でサービス残業の極致。

昭和 62 - 63 年 ハーバード大学に留学。
良くも悪くも、米国の懐の深さ、草の根民主主義を学ぶ。全米をバックパック一つで旅行も。
目からうろこが百枚落ちる。でも一年じゃ英語はうまくならない。ただ、その時のルームメイトがオバマ政権の大統領補佐官に。

昭和 63 年 6 月 通産省に復帰。工業技術院で「 90 年代の科学技術ビジョン」を執筆。

平成 2 年 6 月 首相官邸に出向し、海部・宮沢両内閣の総理演説・国会を担当。
折しも「湾岸戦争」が起こり、内閣副参事官として、日本外交の空虚さ、危機管理能力のなさ等をイヤというほど味わう。

平成 4 年 6 月 通産省に復帰。経済政策の司令塔、産業政策局総務課長補佐となる。
日本経済混迷の要因が「構造的問題」にあることをはじめて指摘し、「新社会資本整備構想」を推進。

平成 5 年 9 月 通産省経済協力室長として、中国やベトナムなどの開発途上国の経済発展を促進。OECD(パリ本部)の国際会議にも毎月出席。

平成 6 年 6 月 村山内閣発足と同時に、橋本通産大臣の事務秘書官に就任。
阪神淡路大震災の復興や地下鉄サリン事件の収拾策、全世界に報道された「日米自動車交渉」などに携わる。

平成 8 年 1 月 橋本内閣発足と共に総理大臣秘書官(政治・行革担当)に就任。
行財政改革等の構造改革を推進。特に、大蔵改革や郵政民営化等をめぐって、族議員や官僚と激しく渡り合う。ただ、多くの仕事を通じて、与野党問わず、衆参国会議員の大多数の知己を得る。

平成 10 年 7 月 橋本内閣総辞職と同時に、通産省には戻らず、首相官邸(内閣官房)にて退職。
総理秘書官として、親元(通産省)のためではなく、国全体の利益のために働いたという、ささやかながらのプライド。自分なりにケジメをつける。ただ、社会人となって初めて、「無職無収入」(プータロー)の身となる。記事3
9 月 ハワイに渡り、マウイ島、オアフ島を転々とする放浪生活。
500$ で買ったオンボロ車とパソコン一台で、日本人のいないところをねらって「晴泳雨読」する、まさに「何もしない贅沢」。ただ唯一、自らに「橋本政権の総括」を課し、執筆活動に専念。その成果が「誰のせいで改革を失うのか」(新潮社・ 11 年 12 月刊)

平成 12 年 6 月 第 42 回衆議院議員総選挙に挑戦するも次点。

平成 13 年 2 月 セントラルユニオン教会(ハワイオワフ島)にて中谷弥生と結婚。( 2 月 17 日)
長男(龍生・りゅうき)が生まれる。( 10 月 29 日)
4 月 日本環境財団理事(無給)に就任。桐蔭横浜大学法学部客員教授に就任。
これまで「統治構造論」「行政学」「社会人講座」等を担当。

平成 14 年 10 月 衆議院議員に初当選(補欠選挙)。
たった一年間の議員生活だったが、政治とカネの問題に真正面から取り組む「自立した議員の会」や「マニフェスト推進議連」等を立ち上げ。イラク戦争では三度にわたり小泉首相に、その正当性を問う質問主意書を提出。

平成 15 年 11 月 第 43 回衆議院議員総選挙で次点。

平成 17 年 4 月 次男(翔紀・しょうき)生まれる。( 4 月 13 日)
9 月 第 44 回衆議院議員総選挙で二回目の当選。

平成 18 年 6 月 父・芳昭 没(享年78)

平成 21 年 8 月 渡辺喜美氏らと「みんなの党」を結成。幹事長に就任。
第45回衆議院議員総選挙で 3 回目の当選。

江田 けんじ(えだ けんじ)議員のみんなの評価

12345 (1 投票, 評価平均値: 5.00
)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)