福山 哲郎(ふくやま てつろう)議員

 
政党 民進党
選挙区/肩書 参議員議員・京都府
コメント

志は、さらに大きく。

公式webサイト 福山 哲郎(ふくやま てつろう)議員公式webサイト
経歴 1962年1月19日生まれ

学歴
1981年 京都府立嵯峨野高等学校卒業
1986年 同志社大学法学部法律学科卒業
1995年 京都大学大学院法学研究科修士課程修了

経歴
1986年 大和證券株式会社入社
1990年 (財)松下政経塾第11期生として入塾
1991年 スリランカの農村開発(サルボダヤ運動)を実体験。
ノーベル平和賞候補アリヤラトネ博士と出会う。
1992年 松下政経塾初の地域支部である「京都政経塾」を設立し塾頭に就任。
その後、東京政経塾塾頭、政 策調査室長を歴任
1996年 衆議院議員選挙に旧民主党公認として京都1区より立候補。
29,275票で落選
1997年 旧民主党の京都副代表に就任。地球温暖化防止京都会議(COP3)にCOP3民主党コーディ ネーターとして参加
1998年 参議院議員選挙に京都選挙区より立候補。
396,192票を獲得しトップ当選。
予算委員、経 済・産業委員、行財政・税制等特別委員として活動
1999年 民主党に入党
ダイオキシン対策特措法成立に向け力を注ぐ
2002年 「政治とカネ」を巡る問題で厳しい追及を国会で行う
党 地方組織局長、代表室次長に就任
民主党京都府連の第2代会長に就任
2003年 マニフェスト準備委員会事務局長として、総選挙マニフェストをとりまとめる
2004年 参議院議員選挙 京都選挙区で484,297票を獲得し、2度目のトップ当選。
予算委員会理事、環境委員、イラク事態特委員に就任。
2005年 党憲法調査会第2小委員会座長として、統治機構部分を担当。
マニフェスト起草委員会事務局長として注力。
参議院環境委員長に就任。
党 調査局長に就任。
2006年 参・環境委員長として、気候変動問題について欧米各国を視察。
環境委員会理事、予算委員、倫選特委員、教育特委員に就任。
2007年 決算委員に就任。
地球温暖化対策小委員長として、民主党「脱地球温暖化 戦略」をまとめる。
環境配慮契約法を提出・成立。
党 選対委員長代理として参院選に奔走。
参院 民主党・新緑風会 政審会長、党 政調会長代理に就任。
2008年 地球温暖化対策本部事務総長に就任。
民主党議員立法「地球温暖化対策基本法案」をまとめ、参議院に提出。
2009年 「地球温暖化対策基本法案」を修正・再提出。
党 政調会長代理として衆院選マニフェスト作成に注力。
外務副大臣に就任(鳩山由紀夫内閣)。地球温暖化、核軍縮、国際協力等に取り組む。
2010年 内閣官房副長官に就任(菅直人内閣)。
参議院議員選挙 京都選挙区で374,550票を獲得し、3度目のトップ当選。
内閣官房副長官に再任(菅改造内閣)。
2011年 内閣官房副長官に再任(菅・二次改造内閣)。
参議院外交防衛委員長に就任。
2012年 民主党 社会的包摂PT会長に就任。
民主党 ネクスト経済再生・科学技術・宇宙政策・情報通信技術(IT)・海洋政策担当大臣に就任。
現在 ・民主党 ネクスト外務大臣
・所属委員会
 外交防衛委員会/理事
 予算委員会/委員
 原子力問題特別委員会/委員
・所属会派 参議院 民主党・新緑風会
・京都府身体障害者団体連合会会長
・京都造形芸術大学客員教授
・学校法人龍谷大学理事
・学校法人瓜生山学園理事

福山 哲郎(ふくやま てつろう)議員のみんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)