石原 伸晃(いしはら のぶてる)議員

 
政党 自由民主党
選挙区/肩書 衆議院議員・東京都8区
コメント

まっすぐな国づくり

公式webサイト 石原 伸晃(いしはら のぶてる)議員公式webサイト
経歴 略歴(H25/1現在)

昭和32年 4月19日生まれ
昭和48年 慶應義塾普通部卒業
昭和51年 慶応義塾高等学校卒業
昭和53年 ニューヨーク・エルマイラ大学に留学(専攻・人間生態学)
昭和56年 慶応義塾大学文学部卒業、都市社会学専攻
昭和56年 日本テレビ入社
政治部記者として、大蔵省・外務省・首相官邸等を担当
平成 元年 日本テレビ退社
平成 2年 第39回総選挙にて旧・東京四区(杉並区・中野区・渋谷区)より衆議院議員に初当選
平成 5年 第40回総選挙にて2度目の当選
平成 8年 第41回総選挙にて東京8区(杉並区)より3期連続当選。第2次橋本内閣において、通商産業政務次官を拝命
平成10年 自由民主党金融再生トータルプラン推進特別調査会事務局長、衆議院金融安定化に関する特別委員会理事として、金融問題の解決に努め、金融再生法の成立に尽力
平成12年 第42回総選挙にて、4期連続当選
平成13年 小泉純一郎内閣の行政改革・規制改革担当大臣として初入閣
平成15年 小泉第二次「改革推進内閣」において、国土交通大臣、観光立国担当大臣を拝命。第43回総選挙にて、5期連続当選
平成16年 内閣改造で三年半にわたる初の閣僚としての任務を終える
平成17年 第44回総選挙にて、6期連続当選。法務委員長を拝命
平成18年 安倍晋三内閣の下、自民党幹事長代理、党改革実行本部長
平成19年 自民党政務調査会長
平成20年 史上最年少で自民党総裁選に立候補、麻生内閣において自民党幹事長代理に就任
平成21年 平成21年 第45回総選挙にて7期連続当選。谷垣総裁の下で強化・再編された組織運動本部長に就任
平成22年 東京選出議員としては始めて自民党幹事長に就任
平成24年 自民党総裁選に二度目の挑戦、議員票でトップを獲得する。第46回総選挙にて、東京8区(杉並区)より8期連続当選。近未来政治研究会会長に就任。第二次安倍内閣の環境大臣、原子力防災担当大臣を拝命

石原 伸晃(いしはら のぶてる)議員のみんなの評価

12345 (2 投票, 評価平均値: 3.50
)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)