鴨下 一郎(かもした いちろう)議員

 
政党 自由民主党
選挙区/肩書 衆議院議員・東京都13区
コメント

成熟社会の民意・働き方の変革・「暮らし方」に対応した新しい発想に基づく社会保障・安全・自己実現可能な街・活力ある個人と地域から経済が生まれる

公式webサイト 鴨下 一郎(かもした いちろう)議員公式webサイト
経歴 昭和24年 東京都足立区生まれる
昭和54年 日本大学大学院医学研究科修了 学位取得(医学博士)
昭和56年 日比谷国際ビルクリニック院長

心療内科医として、医療現場でサラリーマンやOLの心の病気の診療にあたる。
過酷な労働環境によるストレス…
「現代の心の病を治すには、まず社会病理を直す必要がある」と政治の世界を志した。

平成5年 衆議院議員選挙立候補、初当選(日本新党)。
環境政務次官、厚生労働副大臣を経て安倍改造内閣で環境大臣。
続く福田内閣でも、G8北海道洞爺湖サミットにおける地球温暖化対策の国際交渉を環境大臣として務める。

平成21年 自民党政務調査会長代理。
東日本大震災の復興に際しては「福島再興に関する委員会委員長」として政府に急ぎ除染を進めるよう法案を作成、社会保障と税の一体改革では実務者として三党合意をまとめる。

平成24年 現在、自民党国会対策委員長。

鴨下 一郎(かもした いちろう)議員のみんなの評価

12345 (2 投票, 評価平均値: 4.50
)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)