河合洋介 (かわい ようすけ)議員

 
政党 民進党
選挙区/肩書 愛知県議会議員(知多郡第一)
コメント

・慣れあい、しがらみ一切なし
・百術は一誠にしかず

趣味・特技 スポーツ観戦、歌舞伎鑑賞、観劇、読書
公式webサイト 河合洋介 (かわい ようすけ)議員公式webサイト
経歴 生年月日 1979年(昭和54年)5月21日

●略歴
1998年 愛知県立時習館高等学校卒業
1998年 上智大学経済学部経営学科入学
2003年 上智大学経済学部経営学科卒業
2003年~2005年 民間企業にて営業職に従事
2005年 民主党入党
2005年~2011年3月 衆議院議員伴野豊公設秘書
2007年 愛知県議会議員選挙立候補 知多郡第一選挙区(東浦町・阿久比町)
2011年4月 同選挙13,364票で初当選
2011年~  民主党愛知県第8区総支部幹事長
2011年度  農林水産委員会委員
         名古屋港管理組合議会議員
2012年度  健康福祉委員会委員
         地球環境・総合交通対策特別委員会委員

河合洋介 (かわい ようすけ)議員のみんなの評価

12345 (1 投票, 評価平均値: 4.00
)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

河合洋介 (かわい ようすけ)議員へのコメント(最大で最新3件表示)

阿久比で発達障害(自閉症スペクトラム)の二児を育児しております。母です。
今回、文科省の言う合理的配慮云々を盛り込んだ、今年度施行以前、2005年施行の支援教育についての法改正についてすら、現場職員(国の基礎を教育の立場からな担っておられる、公立の義務教育である小・中学校の教師)に浸透していない現状をご理解賜りたく、不躾で申し訳ございませんが、このようなメールをやむにやまれず書いております。
生きづらさや弱さを産まれながら持つ子供たちには、担任や支援学級の先生方は非情に重要な存在で、常に味方である為の障害の理解、また十人十色の特性の理解、その上でしか不可能な、個々の特性に合わせた配慮や教室運営など、従来の教育とは違った側面を要求する改革から、10年。今年度からは更にインクリューシブ教育の実現をと、更に高まる社会の要請。これらは忙しさに忙殺される担任だけの問題でしょうか?その指導に苦慮する担任が居れば、助けるべき管理職の障害理解が担任以下なことのの方が普通、私の偏見か、支援教育の現場を知る阿久比町役場の教育課に聞いてみてください。
支援教育の旗降り役たるはずのコーディネーターを置く義務づけの意味は?「私でなくても、出きる先生はいないと思いますがね」これは実際私が子供たちの学校の教務でコーディネーターの先生から言われた言葉です。何と言い逃れようと、一般の会社員なら!? 教育委員会や知多事務所の方々が現役時代、蔑ろにされていた部分だった支援教育の在り方はどの様にブラッシュUP、アップデートしたのでしょう?シテイナイ、デキテイナイが、答えとしか思えない人事や対応ですが、では保護者や現場の先生方は何処に相談すべきですか?(実際、上司や同僚の板挟みで、支援学校で研修迄うけ、児童への愛情と正しい知識や経験を持つ若い先生が、こころを病まれ現場を離れた例や、熱心に担任や管理職と話し合った結果、モンスターペアレント扱いされ、自殺未遂においこまれた例)鬱病などは根拠を立証できにくいことを盾に揉み消せますから、問題が表にすらでない。いくら法制化されても、世の中のスピードとあくまで狭い学校の中だけで生きている方々とその組合を恐れる政治家が、こんな大きなギャップが埋らない事を許しているのでは、熱心に取り組んでこられた地域との格差が法の元の平等すら 怪しいレベルに達しているとすら思っています。全く非のない、産まれながらの障害児に皺寄せがいく、何時も弱者が痛み苦しむ。インクリューシブ教育を弱者とともに受けられる、地域の学校を巣立ち大人になった若者は、その地域や町を誇りに思い、思いやり溢れる人間に成長し、愛する町で子育てしたくなりませんか? 災害があっても本気で復興の為尽力しませんか?心を病み犯罪や自殺に至る前に、声が掛け合えませんか?全て行政が行おうとしたら、できないし、一部づつでもイクラかかるでしょう?インクリューシブ教育には政治家さんにもメリットがあるんです。
長々失礼致しました。

2016年9月16日1:13 AM |  s-sinochi

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)