中根 康浩(なかね やすひろ)議員

 
政党 民進党
選挙区/肩書 衆議院議員・比例区・東海ブロック
コメント

大切な人の未来は、あなたと一緒に守りたい。

公式webサイト 中根 康浩(なかね やすひろ)議員公式webサイト
経歴 生年月日 1962年8月17日
出生地 日本の旗愛知県岡崎市
出身校 早稲田大学商学部

1988年、岡崎市議会議員選挙に出馬し、同選挙で最年少の26歳で初当選した。
1995年、愛知県議会議員選挙に新進党公認で出馬するも、落選。
その後新進党を離党し、民主党に入党。
2000年の第42回衆議院議員総選挙に愛知12区から民主党公認で出馬したが、
自由民主党前職の杉浦正健に敗れ、次点で落選した。
なおこの当時はまだ同選挙区に自由党の都築譲がおり、
非自民の票が中根、都築に分散。8万票超を獲得しながら中根は落選したが、
約33,000票の得票であった都築は、比例名簿の上位に登載されていたため、比例復活で当選した。

2003年の第43回衆議院議員総選挙では選挙区で再び杉浦に敗れるが、
重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、当選(都築は民由合併により愛知15区へ国替え)。

2005年の第44回衆議院議員総選挙では、前回総選挙の票数に1万票以上上積みしたが、杉浦に敗れ、比例復活もならず落選した。

2009年の第45回衆議院議員総選挙では、愛知12区で初めて杉浦を破り、
4年ぶりに国政に復帰。なお民主党には、同一の選挙区で3度落選した候補者は公認しない内規が存在していたが、
この総選挙において中根は年齢的な若さも考慮され、特例で公認を受けた。

2012年2月、復興庁発足に伴う補充人事により野田第1次改造内閣で経済産業大臣政務官に任命され、
野田第2次改造内閣まで務める。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、
愛知12区から民主党公認、国民新党推薦で出馬。選挙区では自民党新人の青山周平に敗れるが、比例復活で3選した。

中根 康浩(なかね やすひろ)議員のみんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)