西村 康稔(にしむら やすとし)議員

 
政党 自由民主党
選挙区/肩書 衆議院議員・兵庫県9区
コメント

生まれ変わる自民党の新しきリーダー

公式webサイト 西村 康稔(にしむら やすとし)議員公式webサイト
経歴 1962年10月15日生まれ。

神戸大附属明石中学校、灘高校、東大法学部卒業、
通産省入省後、米国メリーランド大学院で国際政治・経済を学び卒業。(この間、陸上、野球、ボクシング部で活躍)

通産省時代、風力発電の導入促進、アルミ缶のリサイクル制度の制定に尽力、
ブラジルの「地球環境サミット」に出席するなど、エネルギー・環境分野で活躍。
中小企業の新分野進出・IT化など支援。石川県商工課長も経験し、地方主導のまちづくりを実践。

1999年7月、通産省環境立地局調査官を最後に、官僚としての仕事の限界を感じ、退官。
「政治がかわらなければ、日本は変わらない。
政治が国の方向性、政策の指針を示すべし」との信念のもと、政治家を目指す。

2003年衆議院議員総選挙において初当選、
2005年、2期目の当選。
2009年3期目の当選、自民党総裁選立候補。
この間、外務大臣政務官、党改革実行本部副本部長などを務めるとともに、
議員立法で「海洋基本法」「宇宙基本法」「安全水域法」「地理空間情報活用推進基本法」等を制定。

主な活動としては、新世紀の安全保障体制を確立する議員の会事務局長(超党派)、
日本インド友好議員連盟事務局長(超党派)、日本アフリカ連合(AU)友好議員連盟事務局長、
日本・オマーン友好議員連盟事務局長、日本ロシア友好議員連盟事務局次長(超党派)、
自民党総合エネルギー政策特命委員会委員長代理、経済・財政・金融政策調査会事務局長など。

また、東京グルジア倶楽部名誉会長、日本・オマーン協会会長などに加えて、
地元では、兵庫県土地改良事業団体連合会(水土里ネット兵庫)会長、
兵庫県ビーチバレーボール連盟会長、兵庫県サッカー協会顧問、兵庫県ハンドボール協会顧問など。

2012年12月27日、内閣府副大臣を拝命

西村 康稔(にしむら やすとし)議員のみんなの評価

12345 (1 投票, 評価平均値: 4.00
)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)