岡田 克也(おかだ かつや)議員

 
政党 民進党
選挙区/肩書 衆議院議員・三重県3区
コメント

直球、健在。

公式webサイト 岡田 克也(おかだ かつや)議員公式webサイト
BLOG 岡田 克也(おかだ かつや)議員BLOG
経歴 1953(昭和28)年7月14日
三重県四日市市に生まれる
四日市市立中部西小学校、中部中学校を経て、大阪教育大学附属池田高校を卒業

1972(昭和47)年 4月
東京大学に入学

1976(昭和51)年 3月4月
東大法学部を卒業
通商産業省(現・経済産業省)に入省

1985(昭和60)年 6月
通産省より米ハーバード大学国際問題研究所に派遣
1988(昭和63)年 7月
大臣官房総務課企画調査官を最後に通産省を退職
1990(平成 2)年 2月
第39回衆議院議員選挙に自由民主党より立候補し、初当選

1993(平成 5)年 6月7月8月
自民党を離党し、新生党結成に参加
第40回衆議院議員選挙で2回目の当選
細川護煕連立政権樹立に参画

1994(平成 6)年12月
新生党を発展的に解消し、新進党結成に参加
1995(平成 7)年 4月
三重県知事選挙において北川正恭氏を擁立し、当選に尽力
1996(平成 8)年10月
第41回衆議院議員選挙で3回目の当選
1998(平成10)年 4月
民主党結成に参加、党政策調査会長代理に就任
1999(平成11)年10月
党財政金融ネクスト大臣に就任
2000(平成12)年 6月7月9月
第42回衆議院議員選挙で4回目の当選
衆議院安全保障委員長に就任
党政策調査会長に就任

2002(平成14)年10月12月
党幹事長代理に就任
党代表選挙に出馬するも惜敗、菅直人代表の下で幹事長に就任

2003(平成15)年11月
第43回衆議院議員選挙で5回目の当選
2004(平成16)年 5月7月9月
党代表に就任
参議院議員選挙で自民党を上回る改選議席を獲得
党代表に再任

2005(平成17)年 9月
第44回衆議院議員選挙で6回目の当選、政権交代を実現できなかった責任を取り、党代表を辞任
2006(平成18)年 3月8月9月
民主党NGO海外活動推進議員連盟を設立、会長に就任
民主党核軍縮促進議員連盟を設立、会長に就任
党副代表に就任

2007(平成19)年 2月
党政治改革推進本部長に就任

2007(平成19)年 9月
衆議院予算委員会筆頭理事に就任
2008(平成20)年 1月5月
党地球温暖化対策本部長に就任
民主党・在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟を設立、会長に就任
党ミャンマー・サイクロンおよび中国・四川大地震災害対策本部長に就任

2009(平成21)年 5月8 月9 月
党幹事長に就任
第45回衆議院議員選挙で7回目の当選。党として308議席を獲得し、政権交代を実現
外務大臣に就任

2010(平成22)年 6月9 月
菅総理のもとで、外務大臣再任
内閣改造に伴い、幹事長に就任

2011(平成23)年 3月
党東北地方太平洋沖地震対策本部(東日本大震災対策本部)本部長に就任
9月
衆議院予算委員会与党筆頭理事就任

2012(平成24)年 1月
野田改造内閣で、副総理、行政改革担当、社会保障・税一体改革担当、公務員制度改革担当、内閣府特命担当大臣(行政刷新、「新しい公共」、少子化対策、男女共同参画)に就任
6月
野田第二次改造内閣で、副総理、行政改革担当、社会保障・税一体改革担当、内閣府特命担当大臣(行政刷新)に再任
10月
野田第三次改造内閣で、副総理、行政改革担当、社会保障・税一体改革担当、公務員制度改革担当、内閣府特命担当大臣(行政刷新)に再任
12月
第46回衆議院議員選挙で8回目の当選。
民主党政治改革推進本部長に就任

2012(平成24)年12月28日現在

岡田 克也(おかだ かつや)議員のみんなの評価

12345 (2 投票, 評価平均値: 3.00
)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)