全国の特産品の一覧

店舗名 五島うどんのうまか食品
ジャンル 特産品・麺類・うどん・五島のうどん
コメント

五島列島の太陽と潮風と椿油で作られたこだわりの五島手延べうどんをお届けします。

うどんあn

店舗名 出島屋
ジャンル 特産品・水産物・みりん干(エイヒレ・たち魚・さば)・一夜干し(あじ・かます・いか・甘鯛・ふぐ・さば)・車えび・明太子・からすみ・タラバガニ・広島県産牡蠣・甘エビ・ズワイガニ
コメント

はじめまして、長崎旬彩 出島屋店長 酒井です。鎖国時代に唯一海外との貿易をゆるされ、食文化の発信源となっていた長崎出島。そんな長崎出島を目指し、長崎旬彩 出島屋も長崎のおいしい干物・明太子など海産物を全国の皆様に発信していきたいと思っております。

さかなで

店舗名 わさび苑 多良岳
ジャンル 特産品・お土産・わさび・わさび粕漬・わさび味噌・わさびのり・わさび株・わさびドレッシング・わさび漬け
コメント

佐賀県太良町にある多良岳の綺麗な地下水で育った本わさび。 生の本わさびから加工品まで取り扱っております。

わさび

 

店舗名 季楽 佐賀牛
ジャンル 特産品・お土産・お肉・佐賀牛
コメント

【最高級の
国産黒毛和牛なら佐賀牛】

全国でも有数のブランドとして定評の
ある「佐賀牛」。
A5等級」をはじめ、肉質の優れた
ものだけを厳選しています。

ご贈答品といえば「ステーキ」。
木箱に入れての発送となります。
味に「サガ」でる佐賀牛をぜひご賞味下さい。

さがぎゅうr

店舗名 博多帯 織屋にしむら
ジャンル 伝統工芸品・和服・帯
コメント

本袋帯「至宝間道」です。至宝とはこのうえなく大切にしたいという思い。
間道とは縞柄を表しています。奥行きのある間道と、縫うことでなく、
袋状の絹織りの本袋帯は、美しさと結い心地の良さを兼備しています。
片面には共絹で献上柄を織りこんでいます。両面を楽しめる「織屋にしむら」
至極の帯の一つです。

おびあ

店舗名 司牡丹酒造
ジャンル 特産品・お土産・地酒・日本酒・大吟醸黒金屋・零下貯蔵生酒・土佐宇宙酒・柚子の大バカ十八年
コメント

南国土佐、高知市を離れて西へ26km、山紫水明の佐川町は銘酒「司牡丹」醸造の地として名があります。今から約400年 の昔、関ヶ原の合戦直後の慶長8年(1603年)のことです。関ヶ原の勲功により、徳川家康から土佐24万石を賜った山内一豊に伴い、土佐に入国した山内 家の首席家老、深尾和泉守重良は佐川1万石を預かることになります。その時、深尾氏に従ってきた商家の中には、酒造りを業とする「御酒屋」の名が見られま した。深尾家出入りの御用商人で「名字・帯刀」を許された格式ある酒屋です。この酒屋が、司牡丹酒造の前身であります。以来、佐川の地に伝統正しい酒造り が受け継がれ、大正7年(1918年)、佐川の酒造家が結集して近代企業として株式会社を設立。そして佐川出身の維新の志士、明治新政府の宮内大臣も務め た田中光顕伯爵(坂本龍馬、中岡慎太郎亡き後の陸援隊長)は、この佐川の酒を愛飲し、「天下の芳醇なり、今後は酒の王たるべし」と激励の一筆を寄せ「司牡 丹」命名。「牡丹は百花の王、さらに牡丹の中の司たるべし」という意味であります。

いちらい

店舗名 四万十うなぎ
ジャンル 特産品・水産物・四万十うなぎ蒲焼き・四万十うなぎ白焼・四万十うなぎちまき・天然うなぎ・カット蒲焼き・蒲焼ききざみき・肝
コメント

当社は、四万十川の源流域に位置しており、昔から変わることのない、美しい水の恵みを、受けております。

創業以来、徹底した生産管理にこだわる私達は、四万十川で採捕したうなぎの稚魚(シラスウナギ)を、四万十川上流域の四万十町で、養殖しています。
立派に育ったうなぎは、私達のもとで地下水で泳がせ、身を引き締めてから蒲焼きに仕上げます。

うなぎ一筋に歩んで来た私達は、うなぎのおいしさへの追求では、誰にも、負けない自信を持っています。
そんないごっそう気質があってこそ生まてくるおいしさが「四万十うなぎ株式会社」の蒲焼きです。

養殖から加工・販売まで一貫したワンストップ体制と徹底した生産管理の四万十うなぎです。

かばやき

店舗名 いまばりタオルブティック
ジャンル 特産品・今治タオル・今治産極上タオル・ホテル仕様タオル・潤いのタオル・タオルマフラー・和紙布ボディタオル・ふわふわ無撚糸裏ガーゼタオル
コメント

タオル美術館がある今治市。日本一の生産を誇る今治タオルを販売している「いまばりタオルブティック」です。ふれるだけでやさしくなれる。そんな素敵な生活を目指して。

たおる

店舗名 梅錦山川株式会社
ジャンル 特産品・お土産・地酒・日本酒・梅錦・梅酒・地ビール
コメント

「うまい酒をつくりたい」。そんな思いが、いつも私たち梅錦の酒づくりの出発点です。
誰よりもまず私たちが、「おいしい酒が飲みたい」、「新しい味わいを楽しみたい」、と感じることが、飲む人の視点で酒を見ることにつながると考えるからです。

たとえば、10人のうち9人においしいものをつくろうとすると、旨さが平均化してしまいます。だから梅錦は、できるだけひとりの人を見つめ、その人の視点で酒をつくり個性を出すやり方を行っていこうと考えます。

また一方では、「品質向上のための経営」を常に心がけています。
仕込水、原料米、そして杜氏の技を発揮しやすい環境など、旨い酒をつくるための条件を第一に考え、実践しています。
さらに、伝統を礎にしながら、今の時代の空気を感じ、新しい提案を行っていきたいと考えています。

たとえば、梅錦ビールと発砲酒。酒をひとつの食文化としてとらえ、さらに酒を飲む楽しみを広げていくこと。それが、私たちの新しい挑戦につながります。梅錦ならではの味わいをひとりでも多くの人へ。私たちは、これからもあなたのための日本酒づくりを続けていきます。

にしき

店舗名 百合屋工房 香川漆器
ジャンル 特産品・伝統工芸品・漆器
コメント

香川漆器の【百合屋工房】へようこそ♪
木に漆を塗り重ねる日本独自の素晴らしい塗り物『漆器』。
全ての商品が丹念に精魂込めて作られた手作りの一品。
「普段の生活の中でもっと漆器を身近なものに」
「漆器の良さを一人でも多くの人に感じてもらいたい」と思い、讃岐(高松)からあなたの街にお届けいたします。

しっき