全国の特産品の一覧

店舗名 万葉shop
ジャンル 特産品・菓子・お米・調味料
コメント

奥州涌谷町の特産品を集めました。

ご家庭用・ご贈答用にいかがでしょうか?

『わくや』の味をぜひ一度ご賞味下さい。

万葉ショップ

店舗名 秋田天国
ジャンル 特産品・特産物・お土産・お米・麺類・きりたんぽ鍋
コメント

秋田天国へようこそ\(^o^)/ 秋田のオススメ品、ど~んと揃えました! ごゆっくりご覧ください♪
いなにわ

店舗名 東雲農園
ジャンル 特産品・お米
コメント

大地の恵みを今あなたへ!

秋田県産あきたこまち100%のお店

あきたこまち

店舗名 OIGEN:及源鋳造株式会社
ジャンル 南部鉄器・特産品・特産物
コメント

岩手県の南部鉄器の歴史は、奥州藤原氏が平泉に栄えた時代(1090年頃)に始まります。平泉の王・藤原清衡は、都を造る前は現在の奥州市の東に位置する 江刺区豊田の城主でした。そして、この地に江州(現在の滋賀県)から鋳物職人を呼び寄せ、鋳造業を根付かせ、中尊寺の梵鐘などを製造させました。平泉は 2011年にユネスコの世界遺産に登録されましたが、その文化の流れをくんだ産業として、この地にいまだに鋳物集団が働いています。

てっき

店舗名 岩手の米屋
ジャンル 岩手産(ひとめぼれ・あきたこまち・こしひかり)・玄米・ブレンド米・もち米・無洗米
コメント

『岩手の米屋』では、地元岩手県の農家の方が作った水沢・江刺産のお米を中心に美味しいお米を販売

ひとめぼれ

店舗名 ラグノオ
ジャンル 特産品・スイーツ・お土産
コメント

りんご

ラグノオささきは、小さな駄菓子屋から始まりました。最初のお客様は子達(こたち)でした。楽しげな笑いや、ゆかいな仲間が店(たな)の前で、にぎやかにはしゃいでいました。とても明るい店先でした。
ラグノオささきの原点はここにあります。駄菓子屋からショップへ、子達からファミリーへ。単なる生産工場から、ヒューマン生産拠点へと時代とともに変化はしましたが、コンセプトに変わりはありません。
食することに最大の愛情と、最高の商品と、最良のサービスを提供し続けています。
私たちは、味文化と食文化を通して、アメニティな生活空間の創造をめざしています。

代表取締役社長   木村公保

 

店舗名 下北名産センター 阿部商店
ジャンル 活ほたて・剥き身貝柱・大間まぐろ・いくら醤油漬・ねぶた漬・塩うに・真いか一夜干・いかの塩辛・いか三升漬・黒にんにく
コメント

人気店舗の味を家庭で堪能!ぐるなびのお取り寄せサイト【ぐるなび食市場】へようこそ。こちらは阿部商店 ぐるなび食市場店 青森県下北半島の旬を真心こめて♪の店舗ページです。青森むつホタテ(帆立・ほたて)の貝柱、大間マグロ(まぐろ)、いくら、うにお取り寄せ販売&訳あり 通販の阿部商店

おためし

店舗名 六花亭
ジャンル スイーツ・チョコレート・クッキー・キャラメル・バターサンド
コメント

お菓子は大地の恵みです

六花10

店舗名 石屋製菓株式会社
ジャンル スイーツ・クッキー・チョコレート・ガトー・ソフトクリーム
コメント

白い1

2013年6月、札幌大通西4ビルに、「ISHIYA SHOP」「ISHIYA CAFÉ」「Candy Labo(キャンディ・ラボ)」の3店舗をオープンいたしました。観光のお客様だけではなく、「ISHIYAが身近になった」と地元札幌のお客様にも多く 足を運んでいただけるようになり、社員一同、大変よろこびを感じております。

私は、ISHIYAに入社以来、製造、販売、財務、品質管理、商品開発と、様々な部署を経験することで、お客様に「お菓子」をお届けする楽しさと難しさ を、身をもって知ることができました。ひとつのお菓子をつくるには、実に多くの人間が関わっています。そんな社員一人一人の行動指針になるよう、「しあわ せをつくるお菓子」という企業理念を掲げることにしました。新たなことを始める時、進む方向に迷った時、「これはお客様のしあわせにつながるのか?」―そ う立ち返ることができる、そして、また一歩を踏み出すことができる。そんな企業でありたいと考えたからです。

2013年7月、私こと石水 創は、代表取締役社長を島田俊平より引き継ぎました。自分自身もまた、「しあわせをつくるお菓子」という言葉を胸に、気持ちを引き締め、足元を見つめながら、進んでまいりたいと思います。

今後とも、ISHIYAをどうぞよろしくお願い申し上げます。

白い

店舗名 琉球島豚専門店 あぐー屋
ジャンル やんばる島豚あぐー(しゃぶしゃぶ用・焼肉用・ロース・メンチカツ・餃子)・琉球島和牛・山原豚ソーセージ・あぐーの純正ラード
コメント

沖縄には琉球王国として栄えた独立王国としての歴史があります。
王国のあるところには豊かな食文化が生まれます。

この豚料理を主流とした華やかな宮廷料理を代表する存在が琉球黒豚「あぐー」です。
そして琉球黒豚「あぐー」に琉球王朝の末裔である尚承氏を料理監修に迎えて誕生した料理を提供するのが「あぐー屋」です。

良質のあぐーと正統な琉球料理の伝承者のコラボレーションによって開発された食材を是非お客さまのご自宅でご賞味下さい。

あぐぶた