大塚 拓(おおつか たく)議員

 
政党 自由民主党
選挙区/肩書 衆議院議員・埼玉県9区
コメント

多くの日本人が、夢を語り合える国にしたい

公式webサイト 大塚 拓(おおつか たく)議員公式webサイト
BLOG 大塚 拓(おおつか たく)議員BLOG
経歴 生年月日 1973年6月14日

経歴
1993年3月 慶應義塾高等学校卒業
オーケストラに所属、得意のクラリネットを続けるため音大進学を考えていたが、悩んだ末、受験直前に法学部進学を決意

1997年3月 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
国際政治・公共政策のゼミに入り研究に熱中する。実家の商売に関連した国際貿易交渉や、政治家・役人を交えた勉強会を通じて政治に開眼。政治こそ天職と考えるようになる

1997年4月 株式会社東京三菱銀行(現:株式会社三菱東京UFJ銀行) 入行
生の金融・経済や大組織の力学を学ぶため、銀行に就職
法人部門の企画・商品開発・マーケティングを担当し、インターネットを応用した新規事業開発に携わる

2003年3月 渡米のため同行退職
準備の傍ら、学費や父の介護費用捻出のため不動産経営に乗り出す
同年7月 渡米、スタンフォード大学サマープログラムに参加
同年9月 ハーバード大学ケネディ行政大学院公共政策修士プログラム入学
ハーバード大学日本人会会長・ジャパンコーカス代表
エズラ・ボーゲル ハーバード松下村塾で日本のリーダーシップと日中問題を研究
世界中から人が集まるハーバードやワシントンDCで、日本が世界で存在感を失っていることにショックを受ける。「世界に誇れる日本を創る」と決意

2005年6月 同大学院 公共政策修士号(国際貿易・金融専攻)を取得し、帰国
政界に出る前に、もう一年フランスの大学院に留学をして視野
を広げる予定であったが、突然の解散・総選挙に遭遇し、急遽立候補
同年9月 第44回衆議院議員総選挙当選
これまでの銀行での職務や、一社会人一会社員としての日々、海外での学問・研究生活を通じて培ってきたことなどを活かし、外交・安全保障、経済・金融、国民生活・消費者政策などの幅広い分野で、直面する日本の課題解決に向けて力を注ぐ。

2008年10月 自由民主党埼玉県第九選挙区支部 支部長就任
大野松茂衆議院議員の勇退を受け、後継者として飯能市・狭山市・入間市・日高市・毛呂山町・越生町からなる自由民主党埼玉県第九選挙区支部長に就任。この地に全てを捧げ骨をうずめる覚悟で、国政に対する情熱を新たにする。

2009年8月 第45回衆議院議員総選挙惜敗
7月21日の衆議院解散に伴い、同年8月18日に公示、8月30日に執行された第45回衆議院議員総選挙では、約11万票の支持を頂くも惜敗。11万人近い多くの方々のご支援をいただいたことに感謝し、再出発を誓う。

2012年12月 第46回衆議院議員総選挙当選(2期)
11月16日の衆議院解散に伴い、同年12月4日に公示、12月16日に執行された第46回衆議院議員総選挙で再選を果たす。「夢を語れる国にしよう。」のスローガンの下、日本再生のために身を粉にして働くべく決意を新たにする。
現在 自由民主党国会対策副委員長就任
埼玉県入間市豊岡に在住。
世界経済フォーラム(ダボス会議)のヤング・グローバル・リーダーなどを務める。


現在の役職
衆議院
【常任委員会】
法務委員会(理事)

【特別委員会】
倫理選挙特別委員会(理事)
国家安全保障に関する特別委員会
   【審査会】

自民党
憲法審査会(委員)
法務部会長
科学技術・イノベーション戦略調査会 研究開発力強化小委員会事務局長
国際局次長
埼玉県第九選挙区支部長
茶業振興議員連盟 事務局長 他

大塚 拓(おおつか たく)議員のみんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)