尾崎 要二 (おざき ようじ)議員

 
政党 自由民主党
選挙区/肩書 和歌山県議会議員(海南市・海草郡)
コメント

ごあいさつ

海南・海草新時代 いつも全力投球!!

趣味・特技 読書、釣り、水泳
公式webサイト 尾崎 要二 (おざき ようじ)議員公式webサイト
経歴 昭和28年
下津町市坪でみかん農家の次男として生まれる。
加茂第二小、下津2中、和北高から中央大学法学部を卒業。
中学、高校、大学と水泳部のキャプテンを務め、
国体、インターハイに出場。共に決勝において入賞。
坊秀男元大蔵大臣の秘書やサラリーマンを経て政界入り。

昭和58年
県議会選挙に出馬、568票の差で惜敗。
翌日より「最後の挑戦」を心に4年間休まず地元を歩く。
昭和62年
県議会議員初当選。農林水産、経済警察、建設、議会運営各委員長、 県議会副議長、
県議会議長(全国都道府県議会議長の中で最年少)等を歴任。


県議会スポーツ振興議員連盟会長、関西広域連合議会議員、県水泳連盟会長、
県銃剣道連盟会長、日本拳法和歌山県連盟、県ダンススポーツ連盟、 合気道竹中道場顧問、智
辯学園和歌山教育振興会長、和歌山北高校体育科OB会長、 自由民主党和歌山県連 幹事長

尾崎 要二 (おざき ようじ)議員のみんなの評価

12345 (2 投票, 評価平均値: 5.00
)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)