お土産

1 / 3123
店舗名 からし蓮根の高見商店
ジャンル 特産品・お土産・からしれんこん
コメント

からし蓮根の発祥は、今から三百年も前の話です。
加藤家がほろんで細川家が肥後五十四万石の太守となって豊前から入国して来ました。耶馬渓の羅漢寺の玄宅和尚も細川公に従って熊本にやって来ました。
来て見ると熊本には蓮根が多い。しかもこの蓮根は栄養価が高い。
そこで和尚は蓮根を煮て藩主忠利公にすすめたが忠利公は一口たべたのを吐き出してあとを喰べようとしません。玄宅は考えました。蓮根をみせずに気づかぬうちに蓮根をたべさせる方法を、そして考え出したのが辛子蓮根でした。
蓮根の穴に辛子味噌をつめ上からころもを着せた。それを忠利公にたべさせました。
口に入れるとツーンと鼻をはじき蓮根は、味噌ところもとまじりあって一種独特の風味をたたえています。忠利公はたちまち辛子蓮根党となりました。
以 来、辛子蓮根は細川家のお家料理となったといいます。そして蓮根の穴が九つきちんと揃っているのを、細川家の九曜の紋になぞらえて喜んだそうです。辛子蓮 根を輪切りにすると九曜の紋があらわれるというのです。玄宅和尚は忠利公からもらった成趣園の一角に水前寺を建てました。いま玄宅寺といっているのがそれ です。

高見商店では、創業以来本物のからし蓮根を追求しつづけ、こだわりのある高見の伝統の味と素材をお届けしております。

れこんn

店舗名 わさび苑 多良岳
ジャンル 特産品・お土産・わさび・わさび粕漬・わさび味噌・わさびのり・わさび株・わさびドレッシング・わさび漬け
コメント

佐賀県太良町にある多良岳の綺麗な地下水で育った本わさび。 生の本わさびから加工品まで取り扱っております。

わさび

 

店舗名 季楽 佐賀牛
ジャンル 特産品・お土産・お肉・佐賀牛
コメント

【最高級の
国産黒毛和牛なら佐賀牛】

全国でも有数のブランドとして定評の
ある「佐賀牛」。
A5等級」をはじめ、肉質の優れた
ものだけを厳選しています。

ご贈答品といえば「ステーキ」。
木箱に入れての発送となります。
味に「サガ」でる佐賀牛をぜひご賞味下さい。

さがぎゅうr

店舗名 司牡丹酒造
ジャンル 特産品・お土産・地酒・日本酒・大吟醸黒金屋・零下貯蔵生酒・土佐宇宙酒・柚子の大バカ十八年
コメント

南国土佐、高知市を離れて西へ26km、山紫水明の佐川町は銘酒「司牡丹」醸造の地として名があります。今から約400年 の昔、関ヶ原の合戦直後の慶長8年(1603年)のことです。関ヶ原の勲功により、徳川家康から土佐24万石を賜った山内一豊に伴い、土佐に入国した山内 家の首席家老、深尾和泉守重良は佐川1万石を預かることになります。その時、深尾氏に従ってきた商家の中には、酒造りを業とする「御酒屋」の名が見られま した。深尾家出入りの御用商人で「名字・帯刀」を許された格式ある酒屋です。この酒屋が、司牡丹酒造の前身であります。以来、佐川の地に伝統正しい酒造り が受け継がれ、大正7年(1918年)、佐川の酒造家が結集して近代企業として株式会社を設立。そして佐川出身の維新の志士、明治新政府の宮内大臣も務め た田中光顕伯爵(坂本龍馬、中岡慎太郎亡き後の陸援隊長)は、この佐川の酒を愛飲し、「天下の芳醇なり、今後は酒の王たるべし」と激励の一筆を寄せ「司牡 丹」命名。「牡丹は百花の王、さらに牡丹の中の司たるべし」という意味であります。

いちらい

店舗名 いまばりタオルブティック
ジャンル 特産品・今治タオル・今治産極上タオル・ホテル仕様タオル・潤いのタオル・タオルマフラー・和紙布ボディタオル・ふわふわ無撚糸裏ガーゼタオル
コメント

タオル美術館がある今治市。日本一の生産を誇る今治タオルを販売している「いまばりタオルブティック」です。ふれるだけでやさしくなれる。そんな素敵な生活を目指して。

たおる

店舗名 和三盆 羽根さぬき本舗
ジャンル 特産品・和菓子・スイーツ・和三盆
コメント
  • 天皇陛下御買上之光栄
  • 宮内庁献上之光栄
  • 明治神宮全国特産物御奉献
  • 重要有形民俗文化財指定第157号
  • 登録有形文化財指定題37-0127〜9号
  • 全国菓子大博覧会名誉総裁賞

どもは、今に昔ながらの手作りで和三盆をつくりつづけております数少ないお店でございます。
和三盆と申しますのは、お隣の中国、つまり唐三盆に対しまして和三盆という意味で日本で作られた砂糖ということでございます。なお三盆という意味は、盆の上で三度分蜜作業をいたしますところからその名がついたものでございます。

まあいわば、極上等の讃岐独特の手作りのお砂糖ということになりましょうか。和三盆は丹精をこめた手作りでございますので栄養分を逃がさず、あと味 のよいあっさりした独特の風味が特徴で、舌ざわりも大変なめらかでございます。 和三盆は花や蝶、貝などに型抜きしたり、丸められたりして全国の 高級和 菓子のお店に出荷されるほか、高級菓子の原料としても重宝されております。

大変ありがたいことには、全国の老舗の和菓子のお店が私どもの伝統産業を守り発展させるようにと「讃岐三盆糖保存会」を作られましてご支援いただいております。

さんぼ

店舗名 やまだ屋
ジャンル 特産品・お土産・スイーツ・和菓子・もみじ饅頭
コメント

やまだ屋は、昭和7年宮島で「もみじ饅頭」の製造元として創業しました。
爾来、「ひとつひとつに思いを込めて」の理念のもと、「お客様の満足」を喜びとして今日まで歩んでまいりました。

その途中、戦争で物資が統制となり原料が供給できず、一時製パン業に転じた時期もありました。
製造機械は、当初の手動式から回転式へ、そして自動焼成機に移行し、1時間当たりの製造個数も200個から10倍以上の2,500個に増えました。熱源も無煙炭から電気、そしてガスへと転換していきました。

もみじ饅頭の種類も、当初は小豆のさらし餡だけでしたが、現在弊社では、約20種類(季節限定品を含む)を製造しています。広島・宮島 の特産品を使った味や、クリエーターグループやミュージシャン、そしてアニメとのコラボ商品など、お客様のニーズに応えるべく幅広く商品開発を進めていま す。
平成9年には、先代(二代目)山田勲が、糯粉を使った独特の食感の「桐葉菓」を開発発売し、現在では弊社のもみじ饅頭に次ぐ代表的なお菓子としてお客様にご好評をいただいております。

観光お土産菓子の製造にとどまることなく、贈答用の和洋創作菓子を販売する新ブランド「RAKU山田屋」も展開しています。

宮島本店では、焼きたての「手焼きもみじ饅頭」を召し上がっていただけるコーナーを設置するとともに、宮島本店と宮島伝統産業会館「み やじまん工房」では手焼き体験、おおのファクトリーでは工場見学など、お客様により楽しい時間を過ごしていただけるようなサービスもご用意しています。

私たちは、ひとつひとつの小さなお饅頭に、菓子づくりへの情熱とお客様への感謝の気持ちを込めて作り続けてきました。そして、いつの時代もお客様に満足していただけるよう、品質とサービスの向上や製品開発のための、創意工夫と技術の研鑽を重ねております。

今後とも引き続き弊社をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

もmじ

店舗名 出雲そば 羽根屋
ジャンル 特産品・お土産・麺類・そば
コメント

弊店は江戸時代末期に創業いたしました。出雲そばは、蕎麦の殻の部分まで挽き込んであるため、香りが高く、風味の良いそばが出来ます。石臼で製粉し代々受 け継いだ手打ちの技術で、喉越しが良く、香り高いそばを打っています。古き良き伝統を守りながら、その中に新しいものをとり入れ、お客様に喜んでいただけ るそば作りに努めています。どうぞ手打ちそばの高き香りをご賞味下さい。

はねや

店舗名 とうふちくわの里 ちむら
ジャンル お土産・練り物・とうふちくわ
コメント

幼い頃何気なく食べていたあの「とうふちくわ」には、たいていのパッケージに『ちむら』の文字が刻まれていたはず!一口食べればふるさとの味を思い出す人も多いのではないでしょうか?

当店の「とうふちくわは」、慶応元年に創業し、長きにわたり鳥取に根付いてきた伝統の味を皆さまにお届けしています。2015年に創業150年を迎える『ちむら』の「とうふちくわ」をよーけ食べてみてつかんせぇ!!

ちくw

店舗名 紀州三昧
ジャンル 特産品・お土産・果物・みかん・梅・桃・オレンジ
コメント

こんにちは!店長の玉置です。
紀州三昧は、有田みかんをはじめ、和歌山の新鮮な特産品を、生産農家さんからの直送便でお送りするお店です。
「新鮮」「美味しい」をモットーに、厳選した特産品をお届け。「こんな美味しいの、食べた事ない!!」と唸っていただくことを目標に頑張ります!
よろしくお願い致します。

みかn

1 / 3123

nihon_728_90