地酒

1 / 212
店舗名 オリオンビール
ジャンル 地酒・オリオンビール(ドラフト・ピルス・黒生・ラガー・アロマ)
コメント

リオンビール株式会社は、沖縄が米軍施政下にあった昭和32年5月18日、若者や県民の雇用の場を確保すると共に、沖縄の自立に向けた地域経済の繁栄をめざして設立されました。

創業期より幾度となく厳しい局面に立たされたこともありましたが、国や県をはじめ消費者の皆様の絶大なるご支援・ご愛顧のおかげで今日を迎えることができました。心から感謝申し上げます。

これからも、弊社の経営理念である「報恩感謝・共存共栄・地域社会への貢献・食文化への寄与」に基づき、地場産業の振興と地域社会の発展に貢献すべく、地域の皆様と共に協調・協力してまいります。

時代は、日々刻々変化しております。弊社も製品の安心・安全を第一に、多様化していく消費者の皆様のニーズにお応えするため、更なる品質向上と新商品の研究開発に真摯に取り組んでまいります。

創立50周年の節目を乗り越え、新たな道を開拓すべく創業者・具志堅宗精翁の「なにくそやるぞ!」の精神を受け継ぎ、役職員一同、日々気持ちを新たに精進してまいります。今後とも、変わらぬご指導・ご鞭撻を賜り ますよう、心よりお願い申し上げます。

orionnbiurr

店舗名 大口酒造株式会社
ジャンル 特産品・地酒・芋焼酎「伊佐錦」「黒伊佐錦」「金山」「伊佐舞」
コメント

わたしはイモです。

イモ焼酎の原料であるさつまいもは、主成分のでんぷん以外にリンゴの10倍以上ものビタミンCを含み、体内で糖質の利用を助けるビタミン B1、老化予防の効果があるビタミンEも豊富なのです。また、余分なナトリウムを体外に出してくれるカリウムが多く、牛乳の三分の一に相当するカルシウム も含みます。

ise

 

 

店舗名 鷹来屋
ジャンル 特産品・お土産・地酒・日本酒
コメント

私たち「鷹来屋」浜嶋酒造合資会社は、大分県豊後大野市緒方町の田園地帯の中にあり、完全手造り、槽しぼりで酒を醸す造り酒屋です。

nihonnshu

店舗名 司牡丹酒造
ジャンル 特産品・お土産・地酒・日本酒・大吟醸黒金屋・零下貯蔵生酒・土佐宇宙酒・柚子の大バカ十八年
コメント

南国土佐、高知市を離れて西へ26km、山紫水明の佐川町は銘酒「司牡丹」醸造の地として名があります。今から約400年 の昔、関ヶ原の合戦直後の慶長8年(1603年)のことです。関ヶ原の勲功により、徳川家康から土佐24万石を賜った山内一豊に伴い、土佐に入国した山内 家の首席家老、深尾和泉守重良は佐川1万石を預かることになります。その時、深尾氏に従ってきた商家の中には、酒造りを業とする「御酒屋」の名が見られま した。深尾家出入りの御用商人で「名字・帯刀」を許された格式ある酒屋です。この酒屋が、司牡丹酒造の前身であります。以来、佐川の地に伝統正しい酒造り が受け継がれ、大正7年(1918年)、佐川の酒造家が結集して近代企業として株式会社を設立。そして佐川出身の維新の志士、明治新政府の宮内大臣も務め た田中光顕伯爵(坂本龍馬、中岡慎太郎亡き後の陸援隊長)は、この佐川の酒を愛飲し、「天下の芳醇なり、今後は酒の王たるべし」と激励の一筆を寄せ「司牡 丹」命名。「牡丹は百花の王、さらに牡丹の中の司たるべし」という意味であります。

いちらい

店舗名 梅錦山川株式会社
ジャンル 特産品・お土産・地酒・日本酒・梅錦・梅酒・地ビール
コメント

「うまい酒をつくりたい」。そんな思いが、いつも私たち梅錦の酒づくりの出発点です。
誰よりもまず私たちが、「おいしい酒が飲みたい」、「新しい味わいを楽しみたい」、と感じることが、飲む人の視点で酒を見ることにつながると考えるからです。

たとえば、10人のうち9人においしいものをつくろうとすると、旨さが平均化してしまいます。だから梅錦は、できるだけひとりの人を見つめ、その人の視点で酒をつくり個性を出すやり方を行っていこうと考えます。

また一方では、「品質向上のための経営」を常に心がけています。
仕込水、原料米、そして杜氏の技を発揮しやすい環境など、旨い酒をつくるための条件を第一に考え、実践しています。
さらに、伝統を礎にしながら、今の時代の空気を感じ、新しい提案を行っていきたいと考えています。

たとえば、梅錦ビールと発砲酒。酒をひとつの食文化としてとらえ、さらに酒を飲む楽しみを広げていくこと。それが、私たちの新しい挑戦につながります。梅錦ならではの味わいをひとりでも多くの人へ。私たちは、これからもあなたのための日本酒づくりを続けていきます。

にしき

店舗名 旭酒造株式会社
ジャンル 特産品・地酒・日本酒・獺祭
コメント

大量販売の論理から生まれた酔えばいい、売れればいい酒ではなく、おいしい酒・楽しむ酒を目指してきました。何より、酒のある楽しい生活を提案する酒蔵であり続けたいと考えています。
生活の、一つの道具として楽しんで頂ける酒を目指して、「獺祭」(だっさい)を醸しております。
もちろん、ただこだわって、売れなくてもいいから 「幻の酒」になりたいというつもりはありません。

ともすれば、酒蔵も酒販店も、売るテクニックや自分だけの生き残りの戦術として幻戦略に走ったり、余りにも細部にこだわり過ぎて「造りの細部にまでそんな にこだわらないけどおいしい酒が欲しい。こだわるのは酒蔵の仕事だ」というお客様の声無き多数意見を無視している姿が見受けられます。

私どもは品質にこだわりぬいて造ったお酒だからこそ、少しでも多くのお客様に知って頂きたい。 そんな私どもの酒造りの心に共鳴して頂ける酒販店様と共にお客様に私どもの酒を紹介していきたいと思います。

だっさい2

店舗名 相原酒造株式会社
ジャンル 特産品・お土産・地酒・雨後の月
コメント

日本酒グランプリ受賞酒

仁方地方から三原地方までの瀬戸内海沿岸地方は、広島酒発祥の地として知られ、古くから多くの造り酒 屋があり、特に明治の初期、この地方の篤醸家三浦仙三郎氏が長年にわたり苦心研究の結果、花崗岩地帯を浸透する良質の軟水を利用した独特の軟水醸造法は、 のど越しの良い甘口酒をかもすことに成功し県内外に広め、今日の広島酒の名声を不動のものにしました。
清酒「雨後の月」相原酒造㈱は、こうした天与の好条件、歴史的背景を持つ安芸の国随一の良港仁方の地で、明治8年酒造行を始め、依頼百余年の歳月酒一筋 に品質の改良、醸造技術の研鑚に励み、徳富蘆花の「自然と人生」の短編題より二代目相原格が命名した「雨後の月」は、このロマンチックな酒名とともにまろ やかな舌触りと絶妙なコクを誇る銘酒として親しまれています。
特にここ数年間は、広島県産雄町を使用した大吟醸で、鑑評会等で好成績を残し、広島県型に徹した酒造りは多くの愛飲家に親しまれ賞賛されています。

うご

店舗名 株式会社 酒のかまくら
ジャンル 特産品・地酒・梅酒
コメント

紀州は日本一の梅の産地、とくに梅の最優良品種「南高梅」の大産地です。
大手メーカーがまだ熟していない青い状態の梅酒用の実を原料に使用しているなか、
当社では紀州産の完熟南高梅を使って梅酒造りをおこなっています。

いぎs

店舗名 六甲ビール
ジャンル 特産品・お土産・ビール・地酒
コメント

六甲の名水を使ったプレミアムビール。

六甲の山々と異国情緒が交錯する神戸で産まれた地ビール。

びーる

店舗名 原田酒造場
ジャンル 特産品・地酒・日本酒山車(大吟醸・特別純米酒・秘蔵吟醸原酒・蔵元秘蔵酒・純米吟醸生貯・辛くち・蔵出し一番)
コメント

麹菌が蒸米を糖化し、酵母がその糖分をアルコールに変える「並行複発酵」がタンクの中で静かに進んでいきます。
当蔵では協会酵母の他に、世界で初めて天然の花から分離された「花酵母」を自家培養し、元気な酒母造りに努めています。

むらさき

1 / 212

nihon_728_90