日本酒

1 / 11
店舗名 相原酒造株式会社
ジャンル 特産品・お土産・地酒・雨後の月
コメント

日本酒グランプリ受賞酒

仁方地方から三原地方までの瀬戸内海沿岸地方は、広島酒発祥の地として知られ、古くから多くの造り酒 屋があり、特に明治の初期、この地方の篤醸家三浦仙三郎氏が長年にわたり苦心研究の結果、花崗岩地帯を浸透する良質の軟水を利用した独特の軟水醸造法は、 のど越しの良い甘口酒をかもすことに成功し県内外に広め、今日の広島酒の名声を不動のものにしました。
清酒「雨後の月」相原酒造㈱は、こうした天与の好条件、歴史的背景を持つ安芸の国随一の良港仁方の地で、明治8年酒造行を始め、依頼百余年の歳月酒一筋 に品質の改良、醸造技術の研鑚に励み、徳富蘆花の「自然と人生」の短編題より二代目相原格が命名した「雨後の月」は、このロマンチックな酒名とともにまろ やかな舌触りと絶妙なコクを誇る銘酒として親しまれています。
特にここ数年間は、広島県産雄町を使用した大吟醸で、鑑評会等で好成績を残し、広島県型に徹した酒造りは多くの愛飲家に親しまれ賞賛されています。

うご

店舗名 板野酒造場
ジャンル 日本酒・地酒・きびの吟風(純米大吟醸・大吟醸・純米酒)・無濾過生酒原酒・ほんのり梅酒
コメント

(有)板野酒造場のホームページへようこそいらっしゃいました。
板野酒造場の酒蔵では2000年の仕込みから杜氏さんがこられなくなりました。
そこで、この仕込みから私ゴンザレスが酒造りをしていくことになりました。
私は学校を出てから、滋賀県甲賀郡の蔵元さんで酒造りの修行をしました。
その後、岡山に帰って家の杜氏さんについて酒造りを学びました。
どちらの杜氏さんも但馬流(兵庫県の北のあたり)でしたので、ゴンザレス も但馬流です。
今も、”端麗辛口の酒を”と言われる方は多いみたいですが板野酒造の”きびの 吟風”
心のこもった味わいのあるお酒を目指して造って参りました。
これからも誰がなんと言おうと、きびの吟風の味を守っていきたいと思っております。
(それが地酒の良さだと思います。) 酒造りは多くの工程があります。
その工程は一つ一つが完成品であり、少しでも手を抜くとそれは間違いなくお酒に現れます。
その酒造りの一つ一つ を心をこめて大切に大切に醸していきたいと思っております。
お客様に「この酒はうまい。」と言って飲んでいただいた時、本当にうれしいです。
これからも、より多くの客様にそう言って頂けるようがんばっていきたいと思います。

日本酒

1 / 11

nihon_728_90