高橋 秀典(たかはし ひでのり)議員

 
政党 自由民主党
選挙区/肩書 千葉県議会議員
コメント

愛するふるさと「旭」を、子ども達の時代にしっかり引き継ぐことができるよう頑張ってまいります。

公式webサイト 高橋 秀典(たかはし ひでのり)議員公式webサイト
経歴 1967年
・旭市・鎌数に生まれる(長男)
生まれて間もなく隣の家から火事が延焼し、自宅は全焼。​
1970年
・旭幼稚園
父・計次郎は旭市役所職員、母・若子は農協職員。
母の実家(新田区)に預けられていたため、幼稚園は旭に。
1973年
・旭市立中央小学校
両親の仕事の都合もあり、そのまま旭市内の中央小へ。
1979年
・旭市立第ニ中学校
このころからの夢はパイロットになることでした。
生徒会では熱心に活動していたと思います。
1982年
・千葉県立匝瑳高等学校理数科
部活は音楽部(合唱中心)でしたが、3年次は男子部員一人の時も。
​文化祭で独唱した時ピアノを弾いていた1年生と結婚することになるとは…
1985年
・浪人/新聞奨学生
1986年
・中央大学 法学部法律学科
防衛大学を受験、学科は受かるも身体検査で不合格。
規定視力に足りませんでした。夢破れ、人生初の大きな挫折感でした。
​新たな夢を探すために、東京・早稲田の新聞屋に下宿しながら勉強。
​そこでの様々な人との出会いは、とても刺激的なものでした。
1989年
法律・政治の分野に進もうと志し、中大法学部へ。
合唱団に所属し、代表もつとめました。
​学外でのボランティア活動として障がい者の「出会いの場」に参加。
​「障がい者が当たり前に、恋をし、結婚し、幸せな家庭を作る」ことを目指したこの団体(百万人の広場・今は解散)に共鳴。法律・政治が何のためにあるのか、深く考えるきっかけになりました。

・学習塾/フリースクール設立
25歳で結婚。しばらくは、相模原のアパートに暮らしていましたが、
子どもを持ち、育てるならば、地元・旭市に帰ろう!と決意。
自宅で塾を開き、子ども達を教えはじめて今に至ります。
養護学校での学習サポートをしていたことがきっかけで、自分で私塾を開くことを決意。
仲間と共に初めての塾を作りました。
​行政ともパイプを作り、昼間は不登校児童(生徒)のサポートも実施。

高橋 秀典(たかはし ひでのり)議員のみんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)