武見 敬三(たけみ けいぞう)議員

 
政党 自由民主党
選挙区/肩書 参議院議員・東京都
コメント

東京から、日本を取り戻す!

公式webサイト 武見 敬三(たけみ けいぞう)議員公式webサイト
経歴 1951年 元世界医師会会長・日本医師会会長の武見太郎の三男として生まれる。
1957年 慶応義塾幼稚舎に入学。
     幼稚舎5年生よりラグビー部に所属
     ・東京都6中学リーグ戦優勝
     ・全国高校ラグビー大会第三位(夢の花園ラグビー場)
     ・全国学生ラグビー選手権大会第三位(レギュラー選手)
1974年 慶應義塾大学 法学部政治学科 卒業
1976年 慶應義塾大学大学院 法学研究科政治学専攻 修士課程修了
1976年 台湾師範大学国語中心に留学。
1977年 ハーバード大学 フェアーバンクス記念東アジア研究所 客員研究員
1980年 慶應義塾大学大学院 法学研究科政治学専攻 博士課程満期退学
     東海大学 政治経済学部政治学科 助手
1983年 東海大学 政治経済学部政治学科 専任講師
1984年 テレビ番組「CNNデイ・ウォッチ」で約3年間アンカーマンを勤める。
1987年 テレビ朝日の「モーニングショー」のメインキャスターとして、総合司会を勤める。
1987年 東海大学 政治経済学部政治学科 助教授
1992年 ハーバード大学 フェアーバンクス記念東アジア研究所 客員研究員
1995年 東海大学 教授となり、日本医師連盟の推薦のもと参議院議員初当選。
1996年 東海大学 平和戦略国際研究所 次長
2001年 参議院二期目再選(議員期間中は外務政務次官を初めに厚生労働副大臣まで数多くの役職を担う)
2006年 国連事務総長下ハイレベル委員会委員に就任。
2007年 日本医師会総合政策研究機構 特別研究員
     ハーバード大学公衆衛生大学院及び日米関係プログラム 客員研究員に就任。渡米。
2008年 日本国際交流センター シニアフェロー(Senior Fellow, Japan Center for Int’l Exchange)
     長崎大学医学部 客員教授
2009年 世界保健機関(WHO)研究開発資金専門家委員会委員に就任。
2012年 国連母子保健ハイレベル委員会委員に就任。
2012年 身延山大学 客員教授
     福島医科大学 客員教授
2013年 参議院再選

武見 敬三(たけみ けいぞう)議員のみんなの評価

12345 (1 投票, 評価平均値: 5.00
)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)