竹内 譲(たけうち ゆずる)議員

 
政党 公明党
選挙区/肩書 衆議院議員・比例区・近畿ブロック
コメント

政治が経済の動向に直結するいまだからこそ、真剣に政治を考え、日本を変えようではありませんか。

公式webサイト 竹内 譲(たけうち ゆずる)議員公式webサイト
経歴 1958年 京都市に生まれる。

1971年 洛星中学校に入学。
  中学時代は野球部に所属。
  市内大会でベスト8進出。
1974年 洛星高等学校に入学。
  高校時代も3年間野球部に所属。
  京都府大会ベスト8進出。
1978年 京都大学法学部に入学。
1982年 日本興業銀行等に内定していたが辞退。学問を究めるべく留年。
1983年 三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。
支店勤務・語学研修・事業調査部などを経験。
1990年 同行事業開発部プロジェクト開発室・部長代理に就任。
  千里国際学園の設立、国際文化公園都市(現彩都)計画、
  みなとみらい開発計画などに携わる。
  米国の都市開発視察中にサンフランシスコ大地震に遭遇、
  九死に一生を得る。
1991年 同行店舗開発部部長代理(東京本部)に就任。
  マーケティングや店舗企画に携わる。
1993年

衆議院選挙(旧京都1区)に初挑戦、当選。
  39年振りの自民党からの政権交代。政治改革の実現、
  規制緩和などで成果。衆議院大蔵委員会、環境委員会、
  決算委員会などに所属。新進党京都府連合会幹事長も歴任。
1996年 初の小選挙区選挙(京都1区)で惜敗。
1999年 京都市会議員選挙(上京区)に当選。
2003年 京都市会議員選挙(同)に当選。
2005年 衆議院比例区近畿ブロックから衆議院復活をめざすも、小泉旋風に煽られ落選(公明党内では次点)。
2009年 衆議院比例区近畿ブロックから再挑戦、当選。13年振りの国政復帰を果たす。 公明党国土交通部会長、同財政・金融部会長、同拉致問題対策委員長、衆議院国土交通委員会理事、同財務金融委員会理事、同拉致問題特別委員会理事等を歴任。
2012年 衆議院比例区近畿ブロックで3期目の当選。財務大臣政務官(安倍内閣)に就任(2013年9月まで)。
2013年 公明党財政・金融部会長 衆議院財務金融委員会理事、同拉致問題特別委員会委員に就任。

竹内 譲(たけうち ゆずる)議員のみんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)