滝田やすひこ(たきた やすひこ)議員

 
政党 都民ファーストの会
選挙区/肩書 東京都議会議員(八王子)
コメント

東京を変える、東京から日本を変える

公式webサイト 滝田やすひこ(たきた やすひこ)議員公式webサイト
経歴 住所:   八王子市横山町

誕生日:  1982年6月11日生まれ

年齢:   35歳

血液型:  A型

家族:   サラリーマン家庭 3人兄弟で育つ。

趣味:   旅行、自転車、フットサル、テニス、ゴルフ



【略歴】

1982年 父の転勤先、滋賀県大津市に生まれました。

     幼少期はメーカー勤務の父の転勤で、

石川県金沢市、兵庫県西宮市、埼玉県浦和市(現さいたま市)と移り住みました。



1989年 浦和市立仲本小学校へ

     サッカー少年団に入る等、スポーツ好きでした。



1995年 私立巣鴨中学・巣鴨高校(豊島区)へ

     サッカー部・テニス部に所属、

     必修の武道の授業では、剣道2段・柔道初段を取ることが出来ました。

文武両道の学校でたくさんの仲間にも恵まれました。


2001年 東京大学 教養学部 理科一類 に入学

理科系でしたが、政治・行政に関心。半分は文科系の授業を受けていました。



    学生シンクタンクWAAVという学生団体で政策立案コンテストを企画運営。

   大学や官公庁に協力をお願いしたり、企業の方に協賛金を頂いたりしながら

運営していました。その後の自分の原点です、鍛えられました。

    https://www.geil-waav.net/



2003年 東京大学 工学部 都市工学科 へ進学

まちづくり、都市計画を学びました。多くの都市の課題と政策を学びました。



     都市計画・地区計画・広域計画、都市経営、

中心市街地の活性化・ニュータウンの再生

設計・デザインの基礎、景観・緑地計画、交通計画、都市情報の分析。

http://www.due.t.u-tokyo.ac.jp/



     課外でも、岐阜市や川越市の中心市街地活性化コンペや

     鹿児島県大口市(現 伊佐市)の地域インターンに参加しました。

     又、日本中の都市を見てみようと、「自転車で」東京から九州まで日本横断しました。


2005年 東京大学大学院 工学系研究科

     都市工学専攻 修士課程に進学 (国際都市計画・地域計画研究室)

地方都市の活性化、中心市街地活性化、都市文化、創造都市論などを中心に研究しました。


2007年 三井物産株式会社 入社

飼料畜産部 飼料穀物室に配属、

     穀物の輸入貿易で、日本の食の安定供給を支える仕事に携わりました。


2011年 海外研修員へ 

語学研修員としてドイツに留学、ドルトムント・フライブルクに在住しました。

ヴィッテン・ヘァデッケ大学 聴講生。

デュッセルドルフ支社に駐在、化学品部でドイツ人の上司に仕え文化の違いを体感しました。


2013年 食品原料部 製菓・乳製品室 チームリーダー

乳製品・カカオのトレーディング、事業投資案件の推進。

アフリカ ガーナや中南米 メキシコ、エクアドル、ペルーとも仕事をしました。

文化のまるで異なる国の人々をつなぎ、お互いが納得のできる仕事をする、

商社の醍醐味でした。


2017年 小池知事主催の政治塾 希望の塾に参加、

     都民ファーストの会 都政改革委員 八王子担当に就任。

     八王子選挙区にて初当選、東京都議会議員

滝田やすひこ(たきた やすひこ)議員のみんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)