玉木 雄一郎(たまき ゆういちろう)議員

 
政党 希望の党
選挙区/肩書 衆議院議員・香川県2区
コメント

改革は道半ば。

公式webサイト 玉木 雄一郎(たまき ゆういちろう)議員公式webサイト
BLOG 玉木 雄一郎(たまき ゆういちろう)議員BLOG
経歴 ホーム › 玉木雄一郎について:プロフィール
プロフィール
玉木雄一郎の略歴
昭和44年

3人兄弟の長男として、香川県大川郡寒川町(現さぬき市)で生まれる。
家は兼業農家で、祖父は大川農協組合長。父も経済連に勤務。
昭和63年

高松高校卒業後、東京大学法学部へ進学。
大学では陸上部に所属。10種競技で全日本100傑に入る。
平成9年

アメリカのハーバード大学大学院(ケネディスクール)に留学し、政治学や行政学を学ぶ。
世界から集まる優秀な学生との交流は、国際感覚を磨く上で貴重な経験となった。

アメリカから帰国後、大蔵省から外務省(中近東第一課)に出向。イラク問題などで重要な役割を担うヨルダンを担当し、中東和平に尽力。
ヨルダンのフセイン国王御逝去の際には、皇太子殿下、雅子妃殿下に随行して、政府専用機で国葬に参列。
平成13年

大阪国税局総務課長に着任。
平成14年

特命担当大臣秘書専門官として内閣府へ出向。3人の行革大臣に仕え、行革のほか、規制改革、特区、地域再生、産業再生に尽力。
平成17年

財務省(旧大蔵省)主計局主査に着任。
三位一体改革を担当。
同年9月

投票日1ヶ月前に財務省を退職し、衆議院選挙に挑戦。
70,177票をいただくも落選。
平成21年8月

衆院選に再挑戦し当選。
同年10月

農林水産委員会と海賊・テロ特別委員会に所属。
平成22年8月

民主党香川県連代表に就任。
同年10月

民主党事業仕分け第3弾(特別会計仕分け)をAチーム主査として担当。民主党政調会長補佐を拝命。予算編成を担当。
平成24年

衆院選に2期目当選。

玉木 雄一郎(たまき ゆういちろう)議員のみんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)