生方 幸夫(うぶかた ゆきお)議員

 
政党 民進党
選挙区/肩書 衆議院議員・比例区・南関東ブロック
コメント

clean(クリーン)&green(グリーン)

公式webサイト 生方 幸夫(うぶかた ゆきお)議員公式webサイト
経歴 1947年10月31日生まれ

東京都出身。東京都立志村高等学校、早稲田大学第一文学部卒業。
大学卒業後は読売新聞社記者を経て、フリーのジャーナリスト、経済評論家に転身
。NHK衛星放送や文化放送でキャスターを務めるかたわら、信州大学経済学部、産業能率短期大学で教鞭を執った。

1996年、新党さきがけが実施した候補者公募に応募し合格するが、さきがけを離党した議員を中心に結成された旧民主党に参加。
第41回衆議院議員総選挙に同党公認で千葉6区から出馬するが、自由民主党の渡辺博道に敗れ、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し初当選。
2000年の第42回・2003年の第43回衆議院議員総選挙では千葉6区で渡辺を破り、当選。
2005年の第44回衆議院議員総選挙では千葉6区で渡辺に敗れ、比例復活もならず落選した。

2009年の第45回衆議院議員総選挙では、千葉6区で渡辺を破り、4年ぶりに国政に復帰した。
同年10月、民主党副幹事長に就任。2010年3月の石川県知事選挙では、民主党石川県連は現職の谷本正憲を与野党相乗りで支持したが、生方は1996年の初当選同期であり、早稲田大学の同窓生である元衆議院議員の桑原豊を支援した(桑原は谷本に敗れ、落選)。

2011年、衆議院消費者問題に関する特別委員長に就任するが、5月に辞任。同年、衆議院環境委員長に就任。
2012年10月、野田第3次改造内閣で環境副大臣に任命された。
同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、千葉6区で渡辺に敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、5選。

生方 幸夫(うぶかた ゆきお)議員のみんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)