上野 賢一郎(うえの けんいちろう)議員

 
政党 自由民主党
選挙区/肩書 衆議院議員・滋賀県2区
コメント

自信と誇りを持てる日本へ

公式webサイト 上野 賢一郎(うえの けんいちろう)議員公式webサイト
BLOG 上野 賢一郎(うえの けんいちろう)議員BLOG
経歴 昭和40年 長浜の商店街の荒物屋の長男として滋賀県に生まれる。
長浜小学校、長浜西中学校、虎姫高校を卒業後、京都大学法学部へ進学。

平成2年 大学卒業後、商店街の衰退に 地域活力の大切さを痛感し、自治省へ入省。

佐賀県庁勤務を経て、2度目の地方行政に携わった岩手県庁。
自然保護課長として「人と自然との共生」をテーマに自然環境の保護に取り組む。
企画調整課長として「地域からの改革」をテーマに地元学などを提唱。
県政初となる住民の本格的行政参加を実現。

さらに地域を元気にするため、「ベンチャー企業を応援する会」を民間企業の仲間たちと共に立ち上げる。
日々県内をくまなく歩き、多くの人に出会い、語り合う。

総務省に戻った後、総務省課長補佐、通産省課長補佐などを経験。
税のあり方について「地方分権改革」を進める。
この間、先進的なイギリスの地域行政を学ぶために、ロンドン政治経済学院で研究。
英国内の地方行政の現場をまわる。

帰国後、内閣官房勤務。小泉内閣の目玉施策である「構造改革特区」を立案。役所の縦割り体制に風穴をあける。
日本の閉塞感を打ち破り、「官主導」の政治からの脱却を目指し、政治の道を志す。退職。

その後、立命館大学大学院 非常勤講師、龍谷大学 非常勤講師を経て、
平成17年 衆議院議員 初当選。

厚生労働委員、環境委員、教育基本法に関する特別委員、青少年問題に関する特別委員。
また異例の自民党税制調査会 幹事に就任(1年生議員としての就任は戦後初)。
道州制の実現に尽力(自民党道州制推進本部事務局次長)。

平成22年 大正大学人間学部特命教授
平成24年 故郷に戻り、自民党滋賀県第2選挙区支部長
2011.3.11東日本大震災では同級生等からの寄付金集めに尽力。
皆の想いを お世話になった岩手の方々へ届ける。
陸前高田市の現状を見、ボランティアに参加。地域・日本復興に向けての決意を新たにする

上野 賢一郎(うえの けんいちろう)議員のみんなの評価

12345 (1 投票, 評価平均値: 5.00
)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)