若井 康彦(わかい やすひこ)議員

 
政党 民進党
選挙区/肩書 衆議院議員・比例区・南関東ブロック
コメント

時代は大きな曲がり角。正しく舵取りするために、若井やすひこは全力を尽くします

公式webサイト 若井 康彦(わかい やすひこ)議員公式webサイト
経歴 1946年
千葉県佐倉市に生まれる。普通のサラリーマン家庭。家族5人のおだやかな環境で育つ。少年時代は市川の田園で遊び、夏は東京湾の潮干狩り、房総の磯遊びに通う。


1952年
市川市立富貴島小学校入学。


1958年
千葉大付属一中入学。


1961年
教育大付属高校入学。


1965年
東京大学入学。工学部都市工学科へ進み、地域開発・都市計画を学ぶ。


1969年
東京大学工学部都市工学科卒業。


1969年
(株)日本設計に入社。


新宿副都心再開発協議会事務局、江東防災拠点再開発共同設計体等に出向。


新宿新都心計画、江東防災再開発事業の作業に没頭。地域の住民運動に接し、地域づくりの原点にふれた。

那覇都心商業地区の整備に関わる。ちょうど本土復帰直前の沖縄であった。

那覇新都心計画の風景づくり構想に携わる傍ら、高野山の都市計画や阿蘇山の学習体験ゾーン化構想、沖縄県民の森の国際芸術の森への高度化構想等、地域づくりプランナーとして成熟期のプロジェクトを手がける。


1973年
(株)日本設計を退社。その後、(株)地域計画研究所を設立。沖縄に関わる同志が集まったコンサルタント事務所。以来、フリーの立場で復帰前後の激動の沖縄に本格的に関わる。この間30数年、回数にして400回以上東京-沖縄を往復した。沖縄を含め全国のあらゆるジャンルの地域づくりに参画。


1980年
国土庁関係の過疎問題の委員会メンバーを務める。沖縄体験から全国の地域問題への関心を高め、様々な機会を捉え、全国を歩く。


1981年
千葉ニュータウン(白井地区)に転居。以来、居住歴23年。
数々の海外調査を経験。モンゴル、サウジアラビア等の国土計画に携わり、ペルー、アルゼンチン、カリブ(ベリーズ)、東北中国、バスク等を調査する。


1985年
技術士(地方・都市計画)資格を取得(第18401号)。


1996年
財団法人阿蘇地域振興デザインセンターの事務局長に就任。以前より関わってきた熊本県小国町の縁で公募に応じて。地域住民とともに、生活と文化を中心とした阿蘇の地域づくりに取り組む。


2001年
地元白井市へ戻り政治活動を開始する。
県知事選挙 42万8153票。
参議院補選 42万2185票。


2003年
衆議院選挙 7万5927票。
比例区南関東ブロックで復活当選。国土交通委員会所属。


2004年
若井やすひこ公式ウェブサイトを開設する。


2005年
総選挙惜敗。野に下る。


2009年
真夏の総選挙、千葉13区にて2回目の当選。

衆議院国土交通委員会筆頭理事などを務め、2012年10月、国土交通大臣政務官就任。


2012年

冬の総選挙、3回目の当選。




現在

■衆議院議員(衆議院国土交通委員会野党筆頭理事、内閣委員会等に所属)

■民主党千葉県第13区総支部長

若井 康彦(わかい やすひこ)議員のみんなの評価

12345 (まだ評価されていません)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
※5段階評価です。★を選択することで評価できます。

この議員へコメントは会員ログインが必要です

コメントは会員機能です。すでに会員の方は こちらから ログインして下さい
会員登録していない方はこちらから 新規会員登録できます。(無料です)